Voice 会員の声

  1. 丁門 和子 様(ロシア語会話)

    世界の難語ロシア語、日本語と言われている中、知人達は「何故ロシア語を?」と首を傾げます。キリル文字も知らない私が匠美先生のご指導により、ヨチヨチ歩きながら今日まで来ました。
    匠美先生は、高校在学中にオーディションに合格され、世界でも難関とされているサンクトペテルブルクの国立ワガノワバレエアカデミーに籍を置き、プーチン大統領やメドベージェフ元大統領も学んだ大学を卒業され、バレリーナ・報道等に積極的にご活躍後、この故郷小樽に帰って来られました。
    今はバレエのご指導の他、語学、そしてロシアと日本の架け橋のリーダーとして頑張っておられます。この小さな町、小樽において、大きな大きな存在だと私は思っています。
    ロシア語の語尾変化に頭がパニック状態になっても、忍耐強く、優しく、粘り強く、時にはロシア人の顔にもなり、惜しみなくロシアの世界を広げて下さいます。
    お陰でロシア語とともに文化・歴史・表現の豊かさと深さ、美しさを改めて知らされます。
    学び始めた頃、先生の一言、「バレエは体力が必要ですが、語学に年齢は関係ない。一生続けられる!」 頭と共に老いる私に、この一言が力になり、今日まで支えて下さいました。匠美先生スパシーバ!

    会員の方の声

  2. 澁谷 妃那 様(子供英会話 & ロシアバレエ)

    英会話はおぼえやすく、たくみ先生がわかりやすくおしえてくれるので、楽しく学ぶことができます。
    たくみ先生は、ゆうめいな楽しい外国の歌をおしえてくれたり、本を読んでくれるので、おもしろいです。わたしは英語の歌がすきになりました。
    たくさんの英語の歌をうたえるようになり、とてもうれしいです。英語のはつおんや色々なたんごも書けるようになりました。
    しょうらいは、たくみ先生のように、世界中にお友達をつくりたいです!
    バレエは4さいからJ-DANCE~TAQMI~で習っています。
    今はトゥシューズで練習しています。バレエは体がやわらかくなるのでとても楽しいです。レッスンでは、むずかしいステップが少しずつできるようになっています。
    バレエのレッスンがない日には、たくみ先生のビデオを見て、ふりつけをおぼえて家で練習をしました。いつかお姫さまのやくをやりたいです。

    会員の方の声

  3. 清水 雅幸 様(ロシア語会話)

    匠美先生の中級クラスでは、今は主に聞き取りと文章の読解が中心で、チェーホフなど文学作品も学習しています。
    独学で勉強していた時と比較すると、確かに自分が少しずつ進歩していることがわかります。
    ロシア映画も字幕なしで見ているうちに、耳に単語が引っかかってくるのです。
    なんといっても聞き取り。語彙力がなければ聞き取るのに限界があることを実感。
    課題はやはり聞き取り能力と、文章読解力の向上です。
    文章の細かなニュアンスを掴むのは文学作品が良いですね。

    会員の方の声

  4. 阿部 昌美 様(匠美メソッド しなやかボディ )

    私が匠美先生のレッスンに通うようになったのは、子育てが一段落し、何か楽しいことを始めたいと思っていた頃に、元々幼少のころからダンスが好きで学生の頃はジャズダンスを習っていたことを思いだし、もう一度音楽に合わせて楽しく踊ってみたいと思い通い始めました。
    はじめは、思うように体が動かなかったり、物覚えも悪かったりして歯がゆい思いをしていました。それなのに、レッスンでは匠美先生はいつも明るく話をしてくださったり、どんな時でも褒めてくれるので少しずつ色々なジャンルのダンスを踊ることができるようになり、気が付くと習い始めて5年以上がたちました。
    50歳を過ぎても素敵な衣装を身に着けてステージに立てるなんてすごく幸せなことだと思います。これからも、体が動く限り、もっともっといろんなダンスにチャレンジしていきたいと思います。

    会員の方の声

  5. 本間 雅子 様(ロシア語会話)

    以前からロシアのバレエ・音楽・絵画などに関心があり勉強を始めました。
    ロシアで様々な体験をされ、豊富な知識を持っていらっしゃる匠美先生の講座は、芸術・文化・会話・歴史などあらゆるジャンルのことを知りたい私にとって、とっても参考になっています。
    話題性のあることを文章にして発表することを繰り返しているうちに、作文力がついたように思います。むずかしい課題が与えられ、辞書を何度も何度も引きながら長時間かかって一つの文章を解読できた時、それはうれしい瞬間です。
    ロシア生活を長く経験された匠美先生から、直接ロシアの文化や日常会話なども教えていただけることは、とっても心強く役にたっています。
    チェーホフの作品をしっかり読み込み、そして覚えて実際に作品中の人物になりきって演じることになりました。最初の頃は自分には無理と思っていましたが、時間の経過と共に、少しずつ出来るようになりました。ロシア語でチェーホフを演じるとは、自分でも驚いています。
    匠美先生のご指導のおかげです。ロシアの方々と交流を持つのが楽しみです。
    ロシアのペルミ国立バレエ団で主席ダンサーを務めたニコライ・ヴィユジャーニン氏とロシアの名門バレエ学校「ワガノワバレエアカデミー」に留学し、サンクトペテルブルクの劇場で踊った髙橋匠美先生とのペアでのバレエを、国際文化交流イベント小樽「ロシアバレエ&歌とダンスの祭典」をマリンホールで観賞しました。、チャイコフスキーの「眠れる森の美女」などの華やかな舞いは、間近でロシアバレエを堪能でき、とても感動しました!
    また、大変お忙しい中、ニコライ・ヴィユジャーニン氏は私達ロシア語の生徒の為に、「ロシア語特別レッスン」を開催して下さり一人一人のプレゼンテーションに耳を傾けて色々ご指摘下さいました。私は大変緊張しましたが、とても貴重な体験となりました!
    この他にもハロウィンやフェスティバルなどでJ-DANCE~TAQMI~の子供さん達やロシア語クラスの方々と交流が出来、楽しい時間を過ごせました。

    会員の方の声

  6. 小池 晶 様(ロシア語会話)

    学生時代に第2外国語としてロシア語を選択してから数十年、娘がロシアの大学の日本校に入学したのを機に、もう一度勉強しようと思ったのがJ-DANCE~TAQMI~のロシア語クラスに通うきっかけでした。
    初めてのレッスンでは、ロシア語を習い始めて数年しか経っていない生徒さんの、レベルの高さに驚きましたが、あれから2年が過ぎ、少しずつですが自分も上達していることに喜びを感じています。
学生の時にはあまりわからなかった文法も、繰り返しながら少しずつ、実践と説明をまじえて教えてくださるので、だんだんとわかるようになってきました。
    また、折々匠美先生が話してくださる、ロシアの文化や風習についての話も面白く、ロシアについてますます興味が湧いているところです。いつかロシアに行けることを夢見ながら、その日に向けて勉強に励みたいと思っています。

    会員の方の声

  7. 中田 文子 様(ロシア語会話)

    大黒屋光太夫の船が江戸に向かう途中、暴風によりロシアに漂着。10年後エカテリーナ2世の命で、日本に帰着。この当時、未知の大国ロシアは現在、芸術・音楽・建築・歴史等、驚くことばかりです。
    エカテリーナ二世が君臨していたペテルブルグの地でご活躍していた高橋匠美先生のクラスで、ロシア語を勉強していくうちに、少しずつロシア文化を知ることになり、日本や他の国の事も知り得ます。まずはスパシーバ(ありがとう)です。
    ロシア語に関する参考書を見たり調べたりする時間を持つことが増え、理解力が身に付き嬉しくなります。直訳から全体を見て訳す、単語のアクセントはどこか見つけて読む、一進一退ですが、自分の心に“集中力とモチベーション”と唱えて頑張っています。
    また朝里サマーフェスティバルの舞台でバレエを踊る匠美先生を初めて見ました。
    「ロシアバレエ&歌とダンスの祭典」でのロシア人バレエダンサーとの共演、商大生達のイベント、チェブラーシカの雪像作り、セミナー「ロシアバレエの魅力」での子供達とバレエ、そしてロシア語クラスの私達は名作バレエの紹介、そのたびに匠美先生の美しいロシアバレエを観せていただきました。ロシア語を習いながら 各イベントで芸術を見たり、学生たちの向上心と優しさ等に触れ、自分自身の視野が広がりました。

    会員の方の声