高橋 匠美プロフィール

高橋 匠美

J-DANCE ~TAQMI~ 主宰
T.T.T. ABROAD AGENCY 代表

小樽市生まれ 海外在住歴13年
2011年サンクトペテルブルグ国立大学 国際ジャーナリズム学部卒業

バレエ・ダンス経歴

幼少からクラシックバレエを始め、国際セミナーで振付や解剖学・コンテンポラリーなど様々なジャンルのダンスを学ぶ。
潮陵高校在学中にロシア国立ワガノワバレエアカデミー留学生オーディションに合格。
ワガノワバレエ学校にてナタリヤ・ドゥジンスカヤ、リューボフ・クナコワに師事。
ワガノワバレエアカデミー日本公演にて「アレルキナーダ」のヴァリエーションを披露。
エルミタージュ劇場にてパドドゥやパドトロワを披露。
ワガノワバレエアカデミー劇場公演に抜擢され「眠れる森の美女」に出演。
ロシア国立マリインスキー劇場で「人形の精」よりワルツに抜擢。
ロシア国立サンクトペテルブルグアカデミーバレエ団に研修生として入団。
レニングラード国立バレエ団にてエフゲニヤ・コスティリョーワに師事。
ミハイロフスキー劇場にてロシアバレエ主要パートを習得。バレエ団宮殿コンサート等に出演。
HIPHOPダンサーとして、ロシア音楽番組MUSTV サマーコンサートに出演。
携帯電話PAHTECH広告ガールに抜擢、HIPHOPを披露。
サンクトペテルブルグにおいて「J-DANCE~TAQMI~」主宰。ダンスやエクササイズ、語学等指導。
サンクトペテルブルグジャーナリズムTVニュース「一番の時間」にてダンス教師として出演。
オリガ・アブデーエワ演劇公演「切なくもこんなに楽しい、、S.ドヴラートフ」にて、振付作品を披露。
レニングラード国立バレエ来日公演の振付指導、ミハイロフスキー劇場にてリハーサルを担当。
英国ベルカプロダクション主催公演 チェーホフ「犬を連れた奥さん」ブーニン「日射病」にて振付を担当。
ロンドンにて英国俳優や海外モデル等にダンス指導。
英国ロンドンバレエカンパニー公演に出演、カンパニーメンバーと共に振付を担当。
ロンドンクリスマスフェスティバルにてバレエ作品を振付。
2015年より国際文化交流イベント小樽にてニコライ・ヴィユジャーニンと共演。 クラシックやモダン作品等を演出&振付。
2016年 米国ハリウッドにて振付研修。

国際文化交流事業経歴

ロシア私立労働人文大学にて日本語教師を務める。
外国人司会者および報道員としてロシアTV「インターフォーラム」レギュラー出演。
2007年ロシア国家奨励賞受賞(5チャンネルTV局放映)
2008年ロシア国家奨励賞受賞(100TV局放映)
特待生としてテレビ番組制作コースへ招待を受け、演出家アレクサンドル・イサコフ等から演劇や話法を学ぶ。
短編映画「反映」(ガリーナ・ティハノーヴィッチ監督)で主演・製作を務める。
若手ジャーナリストの登竜門ユーラシア国際映像コンクール「文化のダイアローグ」観客投票で1位を獲得、最優秀プロフェッショナルと評される。
ロシアメディア連盟コンクール「母国の未来に何を見る」優勝。
マリインスキー劇場協力ドキュメンタリー映画「素顔」制作。
2015年より国際文化交流イベント小樽をプロデュース。
日本ユーラシア協会ロシア語講師
サンクトペテルブルグ国立大学メディアセンターにて日本文化&観光セミナーを企画。
サンクトペテルブルグ映画テレビ大学にて日露文化セミナーを企画。
トークショー「ロシア文化と芸術の都サンクトペテルブルグ」を開催。