「エゾサンショウウオパネル展&白玉イラストコンテスト」開催

 北海道全域に広く分布しているエゾサンショウウオは、北海道の豊かな自然と水環境を象徴する生物であり、固有種として分類学的にも重要とされています。
 しかし、近年、環境の変化などにより、絶滅のおそれのある野生生物種のリストである『北海道レッドデータブック』において「留意種」となっており、生息地の環境とともに保全していくことが課題となっています。また、専門の研究者による調査例が少なく、その生態については不明な点が多いとされています。
 本パネル展では、「北海道の自然が生んだ宝ものエゾサンショウウオ」の現状、生態、生息地の環境についての理解を促進し、エゾサンショウウオおよび生息地である北海道の自然環境の保全を目的に、パネル展、北海道新聞野生生物基金により作成したパンフレット配布、イラストコンテストを実施いたします。

【Yahoo!ニュース】

ウイングベイ小樽でエゾサンショウウオパネル展 環境保全の課題提示(みんなの経済新聞ネットワーク) – Yahoo!ニュース

【小樽ジャーナル】

北海道サンショウウオ保全プロジェクトは、ご依頼を受けた生息地に赴き、
希少種であるサンショウウオの卵を保護しています。

お申込みはこちら

北海道サンショウウオ保全プロジェクト規約(PDF)

北海道サンショウウオ保全プロジェクト上映会テーマ
「エゾサンショウウオの繁殖と産卵」